お布施について-10

お布施について-10

布施の功徳を積んで執着・煩悩を消す

布施するとき、もう1つの大切な事は、布施をする人は自分のお金、財産について執着しないということです。「私はこのぐらい布施します」と自分で判断して布施してください。

一般的な人の場合は、布施とは自分の財産を相手に与えること、とこれくらいはわかっています。

皆さんは、お釈迦さまの教えについて勉強、実践しているので、ヴィパッサナー智慧も具え、布施の本当の意味を理解しています。

布施とは自分の物を相手に与えるだけではありません。自分が所有する物・財産に対する執着を捨てることもできます。

ですから、布施する人は、自分の煩悩も捨てる、消すこともできます。

特別な布施と普通の布施

お釈迦さまは、次のように説かれました。

「10,000円を布施したら物だけではない。10,000円についてのケチや物惜しみ、渇愛や執着もなくなります」

ヴィパッサナー智慧が鋭い人は、ここまで理解しています。物だけではない。この見方は普通の人では観えない。ですからこのような見方で布施する人は、布施の波羅蜜になります。これは「特別な布施」です。ほとんどの人は、布施の本当の意味をわからずに行っています。

「普通の布施」は、執着を捨てることまで観えません。布施には「普通の布施」と「特別な布施」の2種類あります。

(次号へ続く)

淨心庵シーマー認定後の淨らかな比丘サンガへお布施
2017年11月3日(金)ウポサタの日、比丘サンガによって
淨心庵「シーマー(戒壇)認定儀式」を無事に成し遂げられました。
聖なる戒壇から列をなして出てこられる比丘サンガに
布施をするとき特別な高貴な功徳を得られます。

Copyright© 2019 お布施について-10. All rights reserved.